アパート経営の節税効果

アパート経営の節税効果

アパート経営の節税効果 アパート経営を行うことで得られることができるメリットのひとつが節税です。アパート経営はあくまでも経営ですので、さまざまなお金が動きます。基本的に税金というものは儲けに対して課税されるものですから儲けを得るために使われればお金は必要経費として課税額から除外することが可能です。

純粋にアパート経営だけで税金が安くなるわけではなく、節税効果があるのは給与所得がある場合です。給与そのものは完全な個人が得られる利益であり、課税の対象です。しかし、アパート経営をすることによって発生する損失、つまり、赤字分を合算することによって給与所得からの損失分を控除することが可能になります。つまり年間1000万円の給与所得があり、300万円の損失と合算すれば700万円が課税額となるわけです。赤字であれば全く意味がないと思われがちですが、課税は金額が大きいほど増えますので金額を減らすことで余計な税金を支払わなくて済むメリットがあります。

アパート経営の節税効果を詳しく解説していきます

アパート経営の節税効果を詳しく解説していきます 多額の遺産がある場合、現金のままの状態で遺族に相続するよりもアパート経営を行い、経営しているアパートを遺族に相続したほうが様々な面において優位性があります。アパート経営を行っていると具体的にどのような節税効果が得られるのかを詳しく解説していきます。

アパート経営が相続税対策に効果的な最も大きな理由は一定の条件下で実際の価値よりも低く評価される点にあります。例えば五千万円の現金を相続する場合、現金ですとストレートに五千万円の資産を保有されていると評価され、この評価を元に相続税の計算が行われます。

一方でアパートなどの不動産の場合ですと、5千万円の物件でも実際には5千万円よりも低く評価され、その評価を元に税額の計算がされるため納める税金を少なくすることができるのです。またアパート経営をしていると家賃収入が毎月得られるためこれ一定額ストックしておくことでいざ税金を納める際に資金不足に悩まなくて良いメリットが享受できます。

新着情報

◎2018/11/6

アパート経営の節税効果
の情報を更新しました。

◎2018/9/10

サイト公開しました

「経営 節税」
に関連するツイート
Twitter

【マンション経営で資産運用】 マンション経営で資産運用出来ます。 ①個人年金②生命保険の代わりとして③相続税や節税対策として④インフレ対策として資産を守ることが出来ます。ご興味がある方は、「マンション資産運用希望」とご連絡ください→ line.me/R/ti/p/%40iwv2…

RT @Dr_Zetton: 【節税基本まとめ】 ・個人 iDeCo・NISA・ふるさと納税・生命/地震/個人年金保険料控除・住宅ローン減税・医療費控除 ・法人・個人事業 確定拠出年金(企業型)・小規模企業共済・経営セーフティー共済・生命保険料控除・専従者控除

返信先:@dThV87OUAIXnz82他1人 節税して設備投資しようが、社員に還元しようが、経営者が私腹を肥やそうがそれは「努力して稼いだ人だけが選べる権利」です。 もし、みーさんの思想で世の中が本気で回ると思うなら是非一度自分でやってみて、社会に貢献できるか試せばいいと思います。 起業は誰でもできますから是非どうぞ。続

シュプリームとかスニーカーとかめっちゃ買ってる人でYouTubeしてる人はおそらくこれでしょ? 経営者ならYouTubeも事業として1円でも利益でれば収益なるから商品を経費として買えば節税なるし自分の物も買えるしと。 でも最近そうゆうのよく見かける。 pic.twitter.com/DIzo9Hdx9N

【マンション経営で資産運用】 マンション経営で資産運用出来ます。 ①個人年金②生命保険の代わりとして③相続税や節税対策として④インフレ対策として資産を守ることが出来ます。ご興味がある方は、「マンション資産運用希望」とご連絡ください→ line.me/R/ti/p/%40iwv2…

(PR)「QDT」2018年11月号の「連載 これだけは知っておきたい 小規模ラボ経営者のためのむずかしくないお金のはなし」は、「独立開業準備編③ 開業前に知っておきたい! 開業後の消費税のルール」(長野靖久)。消費税の制度を知って、間違いない納税&節税に取り組もう!

TwitterQDT編集部(補綴歯科/歯科技工専門誌)@QDT_AP

返信 リツイート 昨日 14:36

経営者のみが使える有利な財産形成方法。同じ利益でも残るお金に大きな差。経営節税・財産形成の総合情報サイト。imbraim.com

Twitterアセットインブレイム株式会社@fukuda_jp_net

返信 リツイート 昨日 8:00

税理士さんと企業経営者は、実は利害が相反しています。企業経営者は節税をしたい、でも節税をすると利益が減る、利益が減ると税理士報酬を減らされる・・・。経営者がこのルールを変えてあげる必要があるでしょう。

返信先:@Spa_Quary他1人 素晴らしいですね!今どき10%とかとる店、場末の風俗かよって思いますよね。ちなみに明細には何と記載されるのでしょうか?項目によっては節税対策になるという経営者連中も多いかと。

RT @dankogai: 従業員賞与、今は税法上も保険料算定基準上も「給与」。かつては後者が未算入。だけど賞与の方が労使交渉で削りやすいという経営上 のメリットは残ってる。帳簿上はP/L。対して役員賞与はB/Sで、何億円出そうが保険料は変わらない(が、会社としての節税効果はほ…