アパート経営の節税効果

アパート経営の節税効果

アパート経営の節税効果 アパート経営を行うことで得られることができるメリットのひとつが節税です。アパート経営はあくまでも経営ですので、さまざまなお金が動きます。基本的に税金というものは儲けに対して課税されるものですから儲けを得るために使われればお金は必要経費として課税額から除外することが可能です。

純粋にアパート経営だけで税金が安くなるわけではなく、節税効果があるのは給与所得がある場合です。給与そのものは完全な個人が得られる利益であり、課税の対象です。しかし、アパート経営をすることによって発生する損失、つまり、赤字分を合算することによって給与所得からの損失分を控除することが可能になります。つまり年間1000万円の給与所得があり、300万円の損失と合算すれば700万円が課税額となるわけです。赤字であれば全く意味がないと思われがちですが、課税は金額が大きいほど増えますので金額を減らすことで余計な税金を支払わなくて済むメリットがあります。

アパート経営の節税効果を詳しく解説していきます

アパート経営の節税効果を詳しく解説していきます 多額の遺産がある場合、現金のままの状態で遺族に相続するよりもアパート経営を行い、経営しているアパートを遺族に相続したほうが様々な面において優位性があります。アパート経営を行っていると具体的にどのような節税効果が得られるのかを詳しく解説していきます。

アパート経営が相続税対策に効果的な最も大きな理由は一定の条件下で実際の価値よりも低く評価される点にあります。例えば五千万円の現金を相続する場合、現金ですとストレートに五千万円の資産を保有されていると評価され、この評価を元に相続税の計算が行われます。

一方でアパートなどの不動産の場合ですと、5千万円の物件でも実際には5千万円よりも低く評価され、その評価を元に税額の計算がされるため納める税金を少なくすることができるのです。またアパート経営をしていると家賃収入が毎月得られるためこれ一定額ストックしておくことでいざ税金を納める際に資金不足に悩まなくて良いメリットが享受できます。

新着情報

◎2019/3/18

初心者のアパート経営の始め方
の情報を更新しました。

◎2019/1/16

赤字が出る可能性もある
の情報を更新しました。

◎2018/11/6

アパート経営の節税効果
の情報を更新しました。

◎2018/9/10

サイト公開しました

「経営 節税」
に関連するツイート
Twitter

年末から年度末にかけての,節税対策という名の不動産転がし・マンション経営の電話に,対応して!>国内キャリア… forbes.com/sites/brookecr…

TwitterTakashi KOBAYASHI @tanuki3

返信 リツイート 39分前

会社建てるとしたら親のローソンを経営してる事にして人件費とか経費で落とせて節税できることを知って震えてる

Twitterもっきゅんだよ@mokkyun_Delph

返信 リツイート 0:42

損益計算書の損失の表示場所によって、経営分析値などに大きな差が生まれる。 その結果、信頼を失ってしまうこともあり得る。臨時的・多額の損失は経常損益に含めずに、特別損失に計上する。 #経営 #節税 #資金 #借入 #ビジネス

経営者保険、販売休止で波紋:日本経済新聞 節税商品は目の敵にされたら徹底的ですね nikkei.com/article/DGKKZO…

家賃を減額されて赤字経営に…サブリース契約が抱える問題点 gentosha-go.com/articles/-/197… 不動産会社のセールストークとしては、「不動産投資は節税効果もあり不労所得にもなります」というトークをするのですが、家賃が減額になり赤字になれば、所有しているだけで支出が増えてしまうのです。

Twitterジュネス (jyunesu)@jyunesu_

返信 リツイート 昨日 8:20

『若者が成長する社会』を目指す経営者に教えたい話なんだけど、美術品の取得価額が30万円未満の場合、消耗品として経費計上できます。つまり、新人の作品を買うと節税できます。若者だけじゃなく挑戦する“これからの人間”に優しい社会を目指せます。

Twitter苫米地式コーチング@ブーストセンター@ccBoostCenter

返信 リツイート 昨日 7:15

空家取壊後の更地(地目「宅地」→「雑種地」)に、毎年セイタカアワダチソウが群生するのを嘆いていた所有者が、その天ぷらが結構な美味との噂を聞き、自らが経営する店で出せないものかと考えていたけど、まさか地目も「雑種地」から「畑」に変更して節税するつもりでは?

↓楽待の税理士暴露トーク動画がかなり面白い。女性の方は雇われ税理士っぽい百円十円単位の節税トーク。男性税理士は不動産投資家兼経営者かな。最後まで見てしまった。

顧客が自分で会社やってる人だったんだが、話を聞くと顧問税理士が何もやってなくてイラっとしたww 資金繰りsimしてないし、節税対策を検討してない。 話聞いてると新設法人作った方が、税務的にも経営的にもメリットある。もちろん提案なんてしないけどw

100件以上もの法人・個人のクライアントの会計を見てきて感じること。 節税のことばかり気にしている経営者は伸びないのよね~ もったいないと思う気持ちはわかるの。 でも突き抜けてほしいわ♡

Twitterゆるふわ経理/Chiharu@yurufuwa_keiri

返信 リツイート 3/23(土) 20:18